About Us(私たちについて)

私共は、東京23区内の美容室に特化し、 創業から複数店舗展開に至るまでの 経営(管理)支援サービスを提供する 税理士・公認会計士事務所です。

創業への想い

これまで事業再生、事業計画作成とその実行支援に取り組んできました。 医療と同様に、もっと前の段階から、企業体質改善に取り組んでいたとしたら、比較的容易に治療ができた企業を多くみかけました。取引銀行に金融支援をお願いしなければならないフェーズまで事業が落ち込むと、対外的な交渉力も弱くなり、また、組織内部の雰囲気も良くありません。 窮境に至る前段階で改善提案ができれば、もっと競争環境で優位に立てる事業・企業がほとんどです。

窮境に陥った企業の改革をするには、企業の財務数値の分析だけにとどまらず、企業の収益の改善ポイントを見つけそれを改善し続けなければなりません。 場合によっては外科手術も必要になり、痛みを伴みます。

財務数値・会計の数値を見ているだけでも改善できる部分も少なくなく、改善提案ができることもあります。 そこで、再生時からサポートするのではなく、創業の段階や成長フェーズから企業に携わることができる「税理士業」に興味を持ちました。

税理士業は毎年改正の行われる複雑な法律を読み解かなければ実務をこなせません。 そもそも、税理士は税務の専門家であり、顧問先に経営のアドバイスをしている余裕が多くあるわけではありません。 顧問先様に経営アドバイスが出来るような「税理士」を目指すとすると、業務効率を高めるために業種に特化する必要があります。 そこで、私たちは美容業に特化することにしました。

  • 税理士業としては、美容業に特化することで「税務業務」、「アプリ開発・運用・保守業務」と「経営支援業務」のオペレーション(サービス提供)コストを低く保つ。
  • 自社開発のアプリケーションから取得したデータを利活用することで、お店の収益改善に直接貢献し、顧問先の経営支援を行う

それによって、提供価格を抑えて、高品質なサービスを提供できるようになります。

事務所概要

事務所名称 小松 啓 公認会計士・税理士事務所
所在地 101-0026 東京都千代田区神田佐久間河岸78-3 柴田ビル7階
代表 小松 啓(公認会計士・税理士)
電話番号 050-3174-9511
※税務顧問や美容室の創業相談、美容室専用POSアプリについてのご相談専用です。
小松(税理士)への営業や協業のお電話は何卒、ご遠慮下さい。
私はお客様のお困りごとに時間を使いたいのです。
開業 2015年12月に開業
2017年9月に公認会計士登録(登録番号 : 37444)
2022年6月に税理士登録(登録番号 : 148517)

メンバー紹介

会計・税務・経営支援と IT・マーケティングの専門家による支援を
ワンストップで提供いたします

税理士・公認会計士 小松啓
小松 啓

税理士・公認会計士

大分県津久見市出身。大分高校卒業、中央大学卒業。
有限責任 あずさ監査法人、フロンティア・マネジメント株式会社で経営コンサルティングに従事し、投資ファンドを経て、独立。
情報をわかりやすくする伝達するコンテンツの制作やプログラムを書いてサービスを作って多くの人に良い影響を与えられる仕事が生きがいです。

ITエンジニア 松崎 洋介
松崎 洋介

ITエンジニア

大分県大分市出身。大分上野丘高校卒業、中央大学卒業。大学卒業後は、デジタルマーケティング、デザイン、システム開発業務に従事。独自開発したWEBアプリケーションの問い合わせが増えたことを機に独立。
美容室がITサービスを用いて、クリエイティブな業務に集中できる環境を作るべく、プログラミングをする毎日です。

行動指針

「完璧(Perfect)よりも、完成(Done)」

私共は、完璧なものを作るよりもまずは完成させることを優先します。 これは、完璧を目指しながらも、まずは終わらせる(設定した期限内(納期)に適切な品質でサービス提供する)ということを意味します。

「どうやったら税金が少なくなるかよりも、 どうやったらもっと稼げるようになるか」

私共はいかに納税を少なくするかには、興味がありません。それよりも、お客様がどうやったらこれまでよりも稼げるようになるかにより関心があります。

「過去よりも、未来」

私共は、過去を振り返ることよりも、未来を作ることを重視します。 これは決して、過去を振り返ることを軽視するわけではありません。 月次の面談でも、予定と実績を振り返り、どのような改善施策をとれるのかに焦点を合わせ議論をすすめます。

「シンプルに保つ(Keep It Simple)」

私共は、複雑で多機能であることよりも、シンプルに保つことを重視します。

「勝利の女神は、もうだめだと思える一歩先で待っている」

経営は簡単ではありません。人を雇用し、成長し続けなければなりません。経営者は孤独です。 私共は、経営者に寄り添って、成功を掴みとるための支援を全力で行います。